学園祭レポート一覧

文教大学 湘南キャンパス 聳塔祭

2018.01.29

はい!こんにちは!!! 東洋英和女子学院 国際社会学科の森本悠里です。

 

私が今回紹介する学校は文教大学湘南キャンパスです! 開催日時が2018年10月28日(土)と29日の(日)両日開催でした。

 

早速学校の中へ!

唐揚げ、たこ焼き、焼きうどん、チュロスなどの定番屋台がたくさん並んでいました〜

 

みんなが、食べてるのを見るとやっぱり私もなにか食べたいな〜って、食べたいな〜って、思ってたら、、、なんと!

 

 

 

 

 

 

 

なんと!!!

 

 

顔の大きさ程ある巨大なダチョウの卵を見せていただいた時にはビックリしました。。。 実際に持たせてもらった時はツルツルだけど、どっしりしていたので感動しました。その後に「買ってみませんか、美味しいですよ」と勧められたのが   ゆで卵でした。。。 巨大なダチョウの卵でお客さんの目を引いて、実際に販売するのはゆで卵な所に思わず笑ってしまいました。

他にも目を引いたのは、放送部の「味噌煮込みうどん」の写真です。 写真には「うどんの頂点」と書かれており、写真がすっごく美味しそうに撮られていたので写真につられて買ってしまったお客さんは多いはずです!!!

食べ物ばっかりになっちゃって、申し訳ないのですが本当に許してください。 本当はみんなの華やかなダンスだったり、他の出し物も紹介したいのですが、、、 実はインタビュー当日は雨だったのです。


そしてここからは!!!

エイスリーが  

聳塔祭実行委員会に

リアルを聞いちゃいました。

企画!!!

 


 

今回、質問回答にご協力いただくのは、、、

現実行委員長 玉川沙織さん

今年のテーマ「大聳浪漫」設定の理由? 改めて学園祭とはどんなものなのかと考えた時に、自分たちの夢が詰まったロマンあ ふれるものだと感じたから。「大正浪漫」の正を、「聳塔祭」の聳に変えて、参加さ れる皆さんや来場される皆さんなど学校全体で大きな夢の詰まったロマンあふれる世 界をつくりたいという思いが込められている。

「聳塔祭」の一番の特徴は? 文教大学湘南キャンパスのシンボルである聳塔。学園祭の期間でしか解放されないた め、上からの景色を見渡せるのはこの期間だけ。天気が良ければ富士山を見ることも できる。建物五階ほどの高さ。 業務内容は? 実行委員全体の仕事の進捗状況を確認したり、毎週一回行われるミーティングと幹部 陣で行うミーティングで使う資料の作成。 業務を通して苦労したことは? 毎週行われるミーティングで皆に伝える内容について、早く伝えすぎてしまってもだ めだし、遅すぎると予定が入ってしまっていたりするため、皆の進捗状況や日程をみ ながらタイミング良く次の指示を出すのが苦労した。 学園祭を終えての感想をお願いします。 今回急な台風が二週連続できてしまい、雨天時の対応が甘かったかなと思っている。 想定していなかった事が起き、その対応が甘かったことが心残り。

次期実行委員長 籾山裕太さん 

業務内容は? 今年は本部だったため、受付や校内の見回りをしていた。何か違反があった時は注意 したりいていた。 苦労したことは? シフトで他局のヘルプが入っていたのだが、シフトは移動時間を考えずに作られてい るため、局と局の距離が遠い時などは全力疾走で移動していた。今回のような雨天時 は特に大変で、カッパを着て外を走りまわっていてそれが一番大変だった。 来年に向けての意気込みは? 実行委員に入った当初はあまり積極的ではなかった。就活の時に学生生活で頑張った こととして話のネタにするためにやっていた。だが、今は就活の為ではなく、皆で学 園祭を作り上げることが純粋にすごく楽しいからやっている。来年は、自分は指揮す る立場になるが、全体をまとめながらも、この楽しさを皆と共有できていければと思 っている。

【感想】


雨ということもあってステージショーなどがあんまり見ることができなかったのですが、大きい卵を見せられてそれが買えるのかと思いきや買えなかったり、とにかく食べ物がたくさんあったのと美味しかたです。

 

来年は大きい卵が買えたらなと思います。。。笑

学園祭レポート