学園祭レポート一覧

群馬県立女子大学 錦野祭

2018.01.30

みなさん、こんにちは!!  

帝京大学経済学科の髙杉青空です!! 僕が今回紹介する学校の学園祭は群馬県立女子大学です。

開催日時は2017/11/4(土)と11/5(日)の両日ともに10:00〜18:00で開催していました。

いざ、学校の中へ!!!

多くの学校が学園祭では1本道に模擬店を出しながらやっているのですが なんと群馬女子大学は中庭のような場所が円状で、できているので円状の形を利用して模擬店を出していました。

円状には出店の他にイベントステージがあり、出店を並んでいる時もイベントが観れるハイテクな構造になっていました。 なかなか珍しいです。。。。

グルメマップ!!!

出店では部活のユニホームを着て迎えてくれます!!!

写真撮影の時もカメラをバッチリ決めてくれました〜!

ハワイアンなお店も!!! さすが女子大!写真撮影に慣れているのかカメラを向けるとすぐにカメラに目線をくれます!

学園祭の醍醐味の一つ、イベントステージのダンスです!!! カッコイイ女性そのものでした!

もう、空いた口が塞がらないくらいの圧巻としたダンスでした。

会場がとても盛り上がりました。 なんと、、、 そんな、素敵な学園祭を作り上げてくれた実行委員にインタビューすることができました!!


エイスリーは聞いちゃいました。

 

女子大のリアル

冗談はさておき

錦野祭のリアルを聞きました!!!

今回、協力していただいたのは

 

美人委員長 

 

金田恵奈さんです!!!

Q:今年のテーマ設定の理由はなんでしょうか?

A:来た人みんなが同じ空間、時間を楽しめるパーティーのような学園祭にしよう、と3年生のメンバーで考えて決定しました。PARTYには「団体、組織」という意味もあって、私たち錦野祭実行委員会を指すピッタリのテーマになりました。

 

Q:錦野祭の一番の特徴は?

A:女子大らしい可愛らしさと活気が表れていることだと思います。ただ可愛いだけでなく、老若男女問わず楽しめるようなコンテンツを考え、企画から運営まで自分たちの手で作り上げました。

 

Q:実行委員長はどのような業務を行いますか? 

A:約100名の実行委員が7つのセクションに別れて活動するのですが、みんなが同じ方向を向いて活動できるよう週1以上で幹部とミーティングをして方針を固めました。また、それぞれのセクションの進行を確認し合って連携がとれるようにしました。開催日が近くなると群馬県庁に挨拶に伺いました。普通の学生ではできない貴重な経験ができたと思います。

 

Q:ゲストの選定はどのようにして行いましたか?

A:学内に掲示板を設置して、学生からリクエストを募りました。そのリクエストの中からトークショー担当の学外イベント局内でどの人をゲストにするかを最終決定しました。

 

Q:集客方法はどのように工夫致しました?

A:HPやTwitter、Facebookでの宣伝だけでなく、近隣市街にポスターを設置したり、主要駅でのチラシ配りなど広報活動を行いました。また、集客できる企画として先着100名様特典プレゼントや大抽選会を開催しました。  

 

Q:錦野祭を終えての感想をお願い致します。

A:約1年かけて準備してきましたが当日を迎えるまでが本当にあっという間でした。当日お話しできた来場者の方に「今年の錦野祭がこれまでで一番楽しい」、「遊びに来て良かった」、 「来場者だけじゃなく運営側も楽しんでいる雰囲気が伝わる」と言っていただけて本当に嬉しかったですし、本当に有り難かったです。錦野祭の運営から離れるのは寂しいですが、後輩たちがつくる来年の錦野祭が今から楽しみです。

【感想】


女子大らしい活気と迫力のあるステージでのダンスなどを模擬店に並んでる人全員に見えるように作られているのはとても工夫されてるなと思いました。

 

ダンスのパフォーマンスは他大学だと、男女ミックスなのに対して群馬女子のダンスは女子だけなのに可愛いではなく可愛いを通り超してカッコイイと思いました。

 

 

他にもフリーマーケットをしていたりと他の学園祭ではやっていないことがたくさんあって、新鮮さを感じました。

 

 

全国の男子の皆さん来年はぜひ錦野祭に足を踏み入れてください!!!

学園祭レポート