学園祭レポート一覧

横浜市立大学【浜大祭2018】

2018.12.19

【Fantagic!】横浜市立大学浜大祭【委員長インタビューあり】

 

 

みなさんこんにちは!白鷗大学経営学部3年の坂入菜月です。

インターンに参加する傍ら、自学の学園祭実行委員会に所属し活動しています。

 

 

来場者視点からはもちろん、”現役学園祭実行委員視点”からも学園祭をレポートしていけたらと思いますので、どうぞお付き合いください(^^♪

 

 

今回は神奈川県横浜市にある

横浜市立大学金沢八景キャンパスの学園祭「浜大祭(はまだいさい)」へ行ってきました!

 

 

開催日時:2018年11月3日(土)~4日(日)10:00~19:00

▲第68回浜大祭パンフレット。

 

 

受け取った瞬間見とれてしまうような素敵なデザインのパンフレットです。

パンフレットは表紙デザインも含めて浜大祭実行委員会の編集局が手掛けているそうです♪

 

 

 

今回は、京浜急行線金沢八景駅から徒歩で向かいました!

 

▲正門にカラフルなアーチ

 

 

あいにくの天気でしたが、カラフルなブロックでできたような可愛らしいお城のアーチがお出迎えしてくれました(*’▽’)

来場者の色とりどりの傘さえも浜大祭の世界観に染められて可愛らしく見えてきます♪

 

 

 

▲Second Wind Jazz Orchestraさんの模擬店装飾

 

 

まずは催しを散策してから食べ物を…と思った矢先、衝撃的な装飾の模擬店を発見してしまいました。しかも「フラペテーノ」とは…?疑惑の模擬店でさっそくお買い物をします。

 

 

「すみませーん、ここは何を売っている模擬店ですか?」

「クッキーサンドと…」

「と…?」

「フラペチーノですっ」

「フラペテーノ?」

「フラペチーノ」

「「笑」」

 

 

要するに、シャーベット状にしたコーヒーの上にホイップクリームを絞ったアレを売っているということでした(笑)

大人の事情で「チ」を「テ」にしているんでしょう…( ˘ω˘ )

 

 

お話を楽しんだあと、クッキーサンドを購入しました!

香ばしい香りの薄いクッキーにマシュマロがサンドされていました!

カリふわ触感でほんのり温かい、癒し系スイーツでした☆

 

▲クッキーサンド

 

 

 

さて、気を取り直して校舎内の催しを見ていきます。

 

▲鉄道研究部による展示

 

 

なぜ鉄研の展示を真っ先に見に行ったかといいますと、出展紹介文が非常に魅力的だったからです。それがこちら。

 

 

「PR文は50文字以内という制限があるのでこの中で展示の魅力を伝えられるように頑張りたいです。はじめに鉄」

 

 

打ちミスではありません。これで終わりです。なんて健気で切ない。前置きすら語ることができていない。そんな彼らの展示にものすごく興味がわいてしまいました。

 

 

教室に入ってみると、埋め尽くさんばかりに線路が張り巡らされ、ミニチュアの電車がレールの上を走り回っています。きっと実際の横浜市の路線を再現しているのだと思いますが、電車に疎い私にはまったく何のことやらわかりません。

 

 

しかし、やはりあの紹介文を書く方々だけあって、とても親切に

「撮影OKですよ~」

と、声をかけてくださいました。

優しさと情熱に溢れた鉄研のみなさん、ありがとうございました!

 

 

 

▲レゴ展示教室の装飾

 

次は、レゴサークルの展示を見てきました。

東京大学の五月祭の影響か、学園祭といえばレゴ展示!と思っていましたが、実際に足を運んでみるとやっている学園祭は少ないです。

そんな貴重なレゴガチ勢の展示をご覧ください( ・´-・`)

 

 

▲イーブイとピカチュウ

 

 

▲「紅の豚」よりポルコのレゴアート

 

 

レゴサークルの方も熱心に作品について語ってくださいました!

何かレゴで作りたいなと思ったら、その完成に必要となるパーツを自分で探して来るんだそうです!すごいです…(゜-゜)

 

レゴへの情熱を語ってくださったレゴサークルのみなさん、ありがとうございました!

 

 

 

▲かわいいレタリングで書かれた科学研究会の看板

 

 

他にも、それぞれに熱量を感じる展示がたくさんありました。

また、浜大祭では来場者体験型の企画を9個も行っていました!

学園祭はどうしても一方的なアプローチの企画に偏りがちですが、このように来場者を巻き込む企画があると退屈せずに構内を回ってもらえるかもしれません!

 

 

 

【委員長インタビュー】

第68回浜大祭実行委員会 委員長:伊藤紫乃さん

▽委員長のお仕事を教えてください。

委員長にこれといった決まった仕事はなく、全体の統括が主な役割となっています。

 

 

▽どのような経緯で委員長になりましたか?

私たちは代々委員長を選挙で決定しています。選挙で決めることで、自分に投票してよかったと思ってもらえるような浜大祭にしようという強い意志が芽生えました。

 

 

▽第68回浜大祭を開催するにあたって最も重視したことはなんですか?

今年はFunとFantasyとMasicを掛け合わせた「Fantasic」をテーマに掲げ、一歩正門のアーチをくぐった瞬間から非日常を体験してもらえるような浜大祭にすることを目標に活動しました。

 

そのためには、スタッフがつまらなそうな顔をしていてはいけませんから、私たち自身も浜大祭を非日常の世界へと作り上げていくことにFunを見出して笑顔で活動することを心掛けました。

 

 

▽最後に、このレポートをご覧のみなさんに向けてメッセージをお願いします。

学園祭を作るというのは、本気になればなるほどたくさん失敗をするものだと思います。いっぱい失敗して、そこから「浜大祭ならではの良さ」などを見つけていければと思っています。これからも進化を続ける浜大祭から目を離さないでください!

来年の浜大祭でお待ちしております!

 

 

 

以上、横浜市立大学金沢八景キャンパスの第68回浜大祭のレポートでした!

学園祭レポート