学園祭レポート一覧

成城大学【成城祭2018】

2018.12.19

【Harmony】成城大学 成城祭【心地よい個性の調和】

 

みなさんこんにちは!白鷗大学経営学部3年の坂入菜月です。

インターンに参加する傍ら、自学の学園祭実行委員会に所属し活動しています。

 

 

来場者視点からはもちろん、”現役学園祭実行委員視点”からも学園祭をレポートしていけたらと思いますので、どうぞお付き合いください(^^♪

 

 

今回は東京都世田谷区にある成城大学の学園祭「成城祭」へ行ってきました!

 

開催日時:2018年11月2日(金)~3日(土・祝)10:00~20:00

▲成城祭2018のパンフレット。ゲスト企画を表紙にも載せてアピール!

 

 

小田原線成城学園前駅から、閑静な住宅街を歩くこと10分弱。

野外ステージの音響が楽しげに聞こえてきました!

▲大きなアーチ。洗練されたデザインで景観にマッチしている

 

 

住宅街の切れ間に突如巨大なアーチが!!

成城大学らしい気品のあるデザインのアーチをくぐると、大賑わいの野外ステージがあります!(野外ステージは撮影禁止のため、みなさまの想像力をお借りしてレポートしていきます…!)

 

 

野外ステージは、軽快な司会者によって常に盛り上がっていました!

流行りのTIK TOKのネタを盛り込んだトーク展開など、転換の時間もお客さんを飽きさせない工夫がされていました!

 

 

いざパフォーマンスが始まると、迫力満点の音響で会場はさらに大盛り上がり!

▲野外ステージに向き合うように建てられた櫓。

 

 

野外ステージに向き合う形で櫓が建てられていました。

上段には照明、下段にはスタッフがおり撮影を行っています。

きちんとヘルメットをして安全に配慮している点がすごいです。

 

 

多くの学園祭で野外ステージが建てられ、それに伴い照明や撮影のための櫓が建てられているかと思いますが、スタッフがきちんとヘルメットをして登っているのは初めて見ました。こういった催しは怪我人を出してはいけませんから、徹底した安全確保をする姿勢が大切ですよね。

 

 

 

▲ペットボトルキャップで作られた横断幕

 

 

野外ステージの前には模擬店が立ち並んでおり、その手前にはしっかりとゴミ捨て場が完備されていました!

テントにスタッフが常時滞在して、来場者へ分別の指南をしてくれます。

 

 

私もゴミを捨ててみたいワ~、でも、捨てるものがなにもないワ~(‘ω’)

(ただおなかが空いているだけ)

 

 

と、いうことで、いざ模擬店エリアへ!!

 

 

私は15時ごろにお邪魔したのですが、

なんと既に売り切れているお店がチラホラ…( ;∀;)

 

すごい賑わいです。売り切れたお店の方にお話を伺ってみると、あっという間にチュロスが売り切れた…とうれしい悲鳴が聞けました。

 

 

そんな大盛況の成城祭で私が食べたのはこちら!

▲ポテト コンソメ味 300円

 

揚げたてポテトにコンソメパウダーがまぶしてあり、お子様から大人まで大好きな味になっています♪

 

そしてよく見るとこのトレー、表面のフィルムが剥がせるエコトレーなのです!

おいしく頂いたあとはペリペリ剥がして分別します(‘ω’)

 

このエコトレーを使っている学園祭が増えているように感じます!まだ使っていない学園祭実行委員の方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

環境に配慮できる大学というイメージがついたら素敵ですよね♪

 

▲ポテトを販売していた男子サッカー部のみなさん

 

笑顔が素敵だった男子サッカー部のみなさん、ありがとうございました☆

 

 

 

段々と日が傾いて寒くなってきました。

校舎内の様子も見てみましょう!

▲休憩ができるスペース

 

 

休憩ができる場所では、みなさん模擬店で購入したものをおいしそうに食べていました!

こんなにたくさん席が用意されている場所が解放されている学園祭は珍しいのでは…?

来場者視点にたったスペース活用で感心してしまします( ;∀;)

 

 

▲掲示板に貼られたビラ

 

 

掲示板にはところせましとビラが貼ってあります。

どのビラもクオリティが高い…!かなり凝っています。

ときどき校舎の壁などに無秩序にビラが貼られている学園祭もありますが、こちらはたくさん貼ってあるもののきちんと整列していて見やすいですね。

 

▲入試相談ブースの掲示

 

 

こちらも学園祭の定番、入試相談ブースが成城祭でも開催されていました!

入試相談ブースは端っこの教室で開催されがちですが、成城祭ではむしろ開けた教室で開催していて入りやすい雰囲気でした。

 

 

 

最後に。

▲パンフレットの片隅に実行委員の手書きメッセージが。

 

 

手書きによるメッセージの入ったパンフレット、私が成城祭でいちばんグッときたポイントです。

 

 

学園祭実行委員会はたった数日のために数年という時間をかけて活動します。

溢れる情熱や学園祭への愛、その大好きな学園祭に来てくれた方に少しでもアプローチしたいという気持ちがすごく伝わってきます。

 

 

全国の学園祭実行委員会の仲間たちも、こんなふうに来場者の方に思いを伝えてみてはいかがでしょうか?とても温かみのある素敵な工夫だと思いました!

 

 

 

以上、成城大学の成城祭2018のレポートでした!

学園祭レポート